初期費用が少ない!バツグンの知名度と手厚いサポートが成功のカギ!

居酒屋経営は低コストで利益率が高いのがメリット

フランチャイズ事業での起業をお考えなら、まず「利益率の高さ」を重視される方が多いのではないでしょうか?
居酒屋は初期費用やランニングコストも比較的少なくて済みますので、成功しやすい事業と言えます。
居抜き物件(同じ業態の店舗をしていた物件をそのまま購入すること)を利用すれば、備品や設備のコストをかなり抑えることが出来るでしょう。
仕入れ先にも独自のルートがあり、高品質な食材を低コストで仕入れることが出来るので利益率が高くなります。

ネームバリューやサポートが充実しているフランチャイズチェーン

フランチャイズチェーンの最大のメリットは、誰もが知っているという「知名度の高さ」と「本部からの手厚いサポート」です。
個人での起業としての居酒屋経営であれば、まずはチラシを配ったりしながら顧客を獲得し、リピーターとなってもらわなければりません。
その点、フランチャイズチェーンなら、すでに顧客が付いた状態で開業するようなものです。
まるっきり初めてのお店よりも、既に知っているお店の方が安心して入ることが出来ますので、新規の顧客を獲得しやすいのです。
また、未経験者でも料理や接客、経営のマニュアルもしっかりと決まっており、研修によって効率良く身につけていくことが出来ます。
加盟料やロイヤリティなどを支払う必要はありますが、これを差し引いてもフランチャイズのメリットは大きいものではないでしょうか?